大切な写真のデータ復旧!hddの故障?クラッシュ原因とは?

hddから写真が消えてしまった! データがクラッシュしてしまう原因

写真が好きな人はデジカメで写真と撮った後、そのデータをパソコンで保存することが多いです。しかし、ある日突然パソコンのデータが消えてしまうこともあります。データのバックアップやデジカメにも残っていない場合は、データ復旧が必要になります。

何故データが消えてしまうのか?

OSが原因でデータがクラッシュすることはありますか?
新しいOSのパソコンや新ソフトなどは、免疫を持っていない状態なので、様々なバグを持っています。そのバグの中には深刻なものもあり、このバグに侵されてしまったらデータが消えてしまうことがあります。そのため、デジカメで撮ってパソコンに移した写真のデータが全て消えてしまうこともないとはいえません。しかし、新製品によって深刻なバグに侵されることは珍しいです。
hddが壊れてデータがクラッシュする可能性はありますか?
hddが壊れることでデータがクラッシュすることもあります。hddのメモリ回路が壊れるとデータクラッシュが起きますが、長時間熱を与えたり、水に浸ったりすることがなければメモリ回路まで破損することは殆どありません。通常の環境で使用していてhddが壊れるときは、大抵モーターヘッドや差し込み口の破損や故障です。このようなとき、デジカメから写真を移す際にデータがクラッシュすることがあるのです。
メディアが影響してデータが破損することはありますか?
磁気メディアやUSBメモリなどのメディアはレーザーの光によってデータを記録しています。しかし。太陽の紫外線に当たることでも変化してデータに影響を与えてしまいます。そのため、紫外線に長期間当たっているところにあるとアクセス不可能になってしまいます。また、hddなどの磁気メディアは強い磁気を与えることでデータが飛んでしまうため注意が必要です。

データ

このようなことが原因でhddがクラッシュして、パソコンに移した写真やデータが消えてしまいます。大切な写真ならばデータ復旧をして元通りにしましょう。パソコンに関して初心者なら、下手に触らずにデータ復旧についてどうすれば良いか調べると良いでしょう。

パソコン初心者ならデータ復旧は日本データテクノロジーへ

パソコンにあった大切な写真のデータを取り戻すにはどうすればいいのでしょうか。パソコンのデータ復旧を行なう日本データテクノロジーがあるので紹介します。ここならクラッシュしたhddでも写真データを復旧してもらえます。

実績№1!日本データテクノロジーが選ばれる理由とは?

ドナーHDDを大量に在庫している
hddがクラッシュや不具合が起きてしまい、故障してしまう原因は大きく2つに分けられています。1つ目の原因は、物理障害といったもので、hdd自体が機械的に壊れてる状態になります。また、2つ目の論理障害としては、機械的に壊れてはいないが、システムが壊れている状態です。物理障害だった場合、データ復旧を行なうにはドナーといったhddの交換部品が必要になります。このドナーは、不具合のあった同じhddのメーカーや品番、シリーズでもあっても、必ず適合することはありません。適合したものを見つけるには、製造年月日が近いものなど条件が揃わないと合いません。しかし、日本データテクノロジーでは、大量にドナーを保管しており常にストックされています。データ復旧の依頼を受けてから、最短15分で作業に入ってくれます。
最新設備と高い技術を兼ね備えている
hddのデータ復旧には、特殊な設備が必要になります。物理障害の復旧作業を行なう際は、無菌室とされているクリーンルームで行ないます。hddはナノ単位で設計されている精密機械になっており、日本データテクノロジーでは、クリーン度が特に高い部屋で作業を行なっているのです。そこの部屋では、最大4台のhddを扱うことができ、物理障害の復旧作業ができます。また、常に最先端の機械を導入しているため、復旧率を上げています。導入台数も国内最大の30台以上にのぼり、依頼が入っても順番を待つことなくデータ復旧作業を行なうことができます。その他のサービスとしても、独自で開発したデータ復旧用設備を持っており、より確実の高いhdd復旧を行なってもらうことができ、大切なデータが消えるということはないでしょう。
エンジニアの質が高い
日本データテクノロジーでは、データ復旧率が96.2%といった高い実績を持っています。hddの障害レベルには段階があり、高ければ高い程、復旧難易度も高くなってしまいます。段階としては、SからEの6レベルで分かれています。初期レベルとしてはEになっており、それがSに上がるにつれてデータ復旧作業の難易度が高く設定されているのです。難易度が高い復旧作業を行なう際、日本データテクノロジーではトップエンジニアが対応しています。当社にはエンジニアが対応しており、どのスタッフでも対応できるように仕組化を行なっています。難易度がBレベル以上であれば、トップエンジニアが対応にあたってくれるでしょう。技術や質が高いスタッフが全て行なってくれるので、突然起きたhddのデータが消えても安心です。

復旧ソフトを使えば自分でもデータ復旧が可能?

笑顔の男性

復旧ソフトというデータを復旧するためのソフトがあり、これを使用すると自分でもデータ復旧をすることが出来ます。ただし、条件があり、次のような問題の場合に使用が可能なので、当てはまるか確認してみましょう。

  • 間違えてデータを削除してしまった場合
  • フォルダ自体は存在するが開くことができない場合
  • フォルダやファイルが消えてしまった場合

復旧ソフトで対応出来るのは上記の場合だけです。それ以外だと写真データは戻らない場合があります。そのため、パソコンに移した写真のデータ復旧を自分で行なう際はきちんと状況を把握してから復旧ソフトを使用するようにしましょう。

初心者は復旧ソフトでのデータ復旧は難しい

データ復旧ソフトで解決するには、何が原因かをはっきりと掴む必要があります。しかし、初心者ではクラッシュした原因が分からない場合が多く、復旧ソフトで対応できない問題だと、場合によってはデータが全て消えてしまう恐れがあります。自分でもデータ復旧が出来る方法とはいえ、データ復旧ソフトを使用するにはやはり知識が必要になります。知識がなければデータ復旧どころか、完全にデータ消失する可能性もあるので注意が必要です。

データ復旧に関するおすすめサイト

下記サイトでは、自分では対応できないデータ復旧に特化した業者が紹介されているサイトです。データが完全に消えてしまう前に業者に相談して安全にデータを取り出しましょう。

TOPボタン